士業

法曹界で利用するための情報

日常業務において営業の秘密やプライバシー等のセンシティブな情報を取り扱うので,守秘義務に照らしても,情報セキュリティの徹底が極て重要な課題であります。情報セキュリティの徹底は,士業に対する信頼にも直結します。
このため一般の業種より、一段高い「セキュリティガイドライン」を認識して業務で使えるネットドライブをお勧めします。

対象士業

弁護士
司法書士
弁理士
税理士
社会保険労務士
行政書士
土地家屋調査士
海事代理士

この業種でオンラインストレージを使用する目的とは

機能1:ファイルを共有するという役割
機能2:データをバックアップするという役割
機能3:データを収集するという役割
機能4:パソコンの容量を消費せずにデータにアクセスする役割
機能5:機密性の高い文書の管理・共有
契約書に伴う顧問先から送られてくる関連資料や、それを元に複数の関係者との確認・修正作業

守秘義務担保とは

守秘義務が担保されていないオンラインストレージにアップロードする行為自体が弁護士に課された守秘義務に反します。
ファイヤードロップサービスでは「サーバー証明書」と「守秘義務契約書」を発行いたします。

タイトルとURLをコピーしました