a1

ご意見1
ご意見1
これまで弁護依頼が発生すると、事件内容によって頻繁に打合せ資料のやり取りをやります。 その都度依頼者に来社していただくのも時間とお金がかかるので何時も困っていました。 なにより書面面談時間で一日の大半を取られていました。
使ってみたら激変
業務的に機密情報の取り扱いが多いので、ご本に確実に届けられる事が重要でのぞき見の危険性のあるFAXだけでは不安でした。Firedropを使うと、依頼者毎にネット上に打合せスペースが作成でき、書類のやり取り履歴も残り、通信は暗号化、国内サーバーなので弁護士会の規準もクリアしてるのが安心出来ました。 なにより今風の仕事効率化で案件解決まで時間短縮できるようになり大変喜んでいます。
タイトルとURLをコピーしました